沖縄署は15日、民家敷地に侵入しドアガラスを破壊したとして米海兵隊キャンプ・ハンセン所属の一等兵(20)を住居侵入と建造物損壊容疑で現行犯逮捕した。容疑を認めているという。呼気からは多量のアルコールが検知された。

 逮捕容疑は15日午前4時ごろ、北谷町北前の民家敷地に侵入、勝手口のドアガラス1枚を棒のようなものでたたき割った疑い。署によると容疑者はこの民家の窓格子を一部破壊して手にした棒状の物でたたき割ったとみられる。

 当時家には住人の男性(66)とその家族がおり、物音に気付いて110番通報した。