中国中央テレビが15日のサッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナル―マンチェスター・シティーの放送を中止した。アーセナルに所属する元ドイツ代表MFでトルコ系のエジルが、イスラム教徒の少数民族ウイグル族に対する中国の弾圧を批判したためとみられる。米スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

 エジルはツイッターに批判を投稿。中国国内で反発が生じている。中国でビジネスを展開しているアーセナルはソーシャルメディアにエジルの個人的意見との見解を示した。(共同通信)