【ソウル共同】米国のビーガン北朝鮮担当特別代表はソウルでの記者会見で、北朝鮮に対し、南北の軍事境界線がある板門店での接触を念頭に「私たちはここにいる。連絡手段は知っているはずだ」と述べ、対話を求めた。(共同通信)