【石垣】石垣市議会(平良秀之議長)は16日、12月定例会最終本会議で自民系与党市議らが提案した市自治基本条例を廃止する条例案の採決を行い、10対11の賛成少数で否決した。 討論で賛成理由に与党は「条例は最高規範ではなく理念条例。条例がなくても市は市民中心の市政運営をしている」と廃止を主張。