沖縄県豊見城署は16日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで海上自衛隊第5整備補給隊の2等海曹(40)を現行犯逮捕した。「酒は抜けたと思った」と容疑を否認している。呼気からは基準値超のアルコールが検知された。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は16日午前5時55分ごろ、那覇市宇栄原の市道で酒気を帯びた状態で軽自動車を運転した疑い。署の検問で発覚した。通勤途中だったとみられる。

 海自第5整備補給隊司令は「日頃から順法精神を訴えているがこのような事態になり申し訳ない。再発防止と厳正な規律維持に努める」とコメントした。