いつか、沖縄の「しまくとぅば」を話したい―。願いを果たせずこの世を去った娘の意志を継ぎ、しまくとぅばを学ぶ母親がいる。しまくとぅば検定を受けるため、15日に千葉県から沖縄県を訪れた岸川一恵さん(53)。独学で始めて約5年がたつ。初の受検は「でーじうむさいびーたん(とても面白かった)」。