沖縄でなじみのない名字なので初対面の人に、よく出身を聞かれる。テレビドラマ「ドクターX」の主人公と同姓で、決めぜりふをもじって「失敗しないんですか」と返されることも。何げないやりとりに場が和む

▼仕事で20年余使う旧姓は自分の一部。今月から運転免許証に旧姓が併記できるようになり、申し込んだ。旧姓が載った住民票が必要で、役所で戸籍抄本を付けて住民票への記載を申請した。併記制度が始まって以降、複数の女性が申請しているという

▼警察署で免許証裏面に印字された旧姓は、ひっそりと目立たない。身分証明に使いたいが、契約や手続きに旧姓を認めるかどうかは企業や行政機関任せ。免許証の裏を示す機会が増えるのだろうか

▼マイナンバーカードなど公的な証明書への旧姓併記は、結婚後も旧姓を使う人が増える中、使い勝手をよくする小手先の対応だ。裏を返せば、夫婦に同姓を強いる民法が社会の変化に合っていないことを示す

▼国の機関が昨年、既婚女性を対象に実施した調査で「夫婦が別姓であってもよい」と答えた人が初めて半数を超えた。参院選では自民以外の主要政党が選択的夫婦別姓の導入を主張。機は熟した

▼「一体感が増すから夫婦同姓がいい」「キャリアを大事に別姓で家族になりたい」。どの思いも尊重する選択制に踏み込むべきだ。(大門雅子)