【名護】民主化運動に参加する香港市民の區龍宇(アウロンユー)さんらが16日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前の座り込みと海上行動を視察し、「自分たちの土地と未来は、自分たちで決める意志を感じた」とエールを送った。區さんらは宜野湾市内での講演会のため、14日から来沖中。