「あの店も閉まるのか…。もったいない」。師走に入り、各地で忘年会が繰り広げられる中、沖縄県の与那原町内では地元の人気居酒屋や老舗が相次いで閉店を決めた。多くは板前をはじめとする人手不足や店主の引退が要因。客足好調でありながら、閉めざるを得ない悩ましい状況があり、町民らはため息をつく。 (南部報道部・松田興平)

団体客らでにぎわっていた居酒屋は人手不足のため閉店した=11日、与那原町内

 約80席を構える「鮨の穴ゆうゆう東浜店」はランチタイムから常連客らでひしめくが、来年1月いっぱいで閉める。

 これまで5、6人の料理人が厨房ちゅうぼうで腕を振るっていたが、転職などで少しずつ減り、今は玉木健太店長(33)を含む2人でやりくりする。玉木店長は「お客さんが入るほど、板前2人では厳しい」と語る。

 常連客の宮城慶子さん(71)は知念高校の同級生との模合の場として重宝。「味、接客ともに素晴らしいので残念でならない」と惜しむ。

 約250の客席があった近隣の店舗も人手不足のため6月末に閉店した。東浜自治会の國仲健次会長(70)はにぎわいを振り返り「人気がある大型店ほど働き手が必要。客が入っていながら閉まった店がいくつかある」と語る。

 一方、老舗も次々とのれんを下ろす。創業36年「割烹三太郎」(町与那原)は来年3月に閉店予定。店主の大城輝政さん(67)は「体力的にきつくなってきた。最近は退職した同世代が足しげく通ってくれるので、申し訳ない気持ちはある。今年、近くの3店舗が閉まったので、うちは頑張れるだけ頑張りたい」と表情を引き締める。

 その3店舗の一つである「盛鶴」(町板良敷)は4月末に創業45年で店を畳んだ。最終月は常連客が詰め掛けて満員の日が続いた。

 町内外に酒を卸す平田酒店(南城市)の知念誠さん(51)は「町全体で居酒屋が減ってきた印象がある。ただ、オリオン通りは若い店主さんが増え、少しずつ活気が戻ってきた」と期待を寄せる。

 町は7月に「琉球泡盛で乾杯を推進する条例」を県内で初めて制定した。

 照屋勉町長は「泡盛で乾杯、と言えば居酒屋が一番に思い浮かぶ。料理人たちはホテルに好待遇で引き抜かれているとも聞く。条例があっても、いい店が減ったらいい乾杯ができない」と憂えた。