沖縄県警豊見城署は16日、覚醒剤や麻薬を密輸したとしてアメリカ国籍の自称アーティストの男(24)を覚せい剤取締法違反と麻薬および向精神薬取締法違反の疑いで那覇空港で逮捕した。

那覇空港

パトカー(資料写真)

那覇空港 パトカー(資料写真)

 逮捕容疑は11月22日午後0時10分ごろ、韓国から覚醒剤を含有する錠剤9錠とLSD約0.049グラムを、着衣のポケットやリュックサックの中に隠して密輸した疑い。

 沖縄地区税関によると、同容疑者は音楽イベントに出演するため沖縄を訪れたという。