沖縄県本部町の沖縄美ら海水族館は16日、世界で初めて深海魚「オニキホウボウ」の展示を始めたと発表した。甲冑(かっちゅう)を身に着けたような姿で、胸ビレの一部を使って歩いたり、滑空するように泳いだりしている。館内「深海への旅」コーナーで観賞できる。