名護で21日 クリスマスイベント

 【名護】ビールを片手にライブや食事を楽しむイベント「カリークリスマスin名護2019」(主催・名護十字路商店連合会)が21日午前11時から、市街地の一部を歩行者天国にして開催される。特別協賛はオリオンビール。交通規制は午前10時~午後9時、名護十字路から名護博物館前の区間で実施。路上にメインとサブのステージ、飲食エリア、物販・体験エリアを設ける。メインステージでは午後6時半からディアマンテスのライブがある。

クリスマスイベントをPRする(左から)宜保美則さん、上地安郎さん、村田和之さん=沖縄タイムス北部支社

ライブサーキットをPRする山川敬実行委員長(左)とダンサーのSHOさん=名護市の「ベース・キャンプ」

来場を呼び掛ける(左から)與那覇宏渉外係、島袋功所長、山城輝雄実行委員長、平良昌義副実行委員長=沖縄タイムス北部支社

工芸展をPRする名護市文化協会工芸部会のメンバー=沖縄タイムス北部支社

クリスマスイベントをPRする(左から)宜保美則さん、上地安郎さん、村田和之さん=沖縄タイムス北部支社 ライブサーキットをPRする山川敬実行委員長(左)とダンサーのSHOさん=名護市の「ベース・キャンプ」 来場を呼び掛ける(左から)與那覇宏渉外係、島袋功所長、山城輝雄実行委員長、平良昌義副実行委員長=沖縄タイムス北部支社 工芸展をPRする名護市文化協会工芸部会のメンバー=沖縄タイムス北部支社

 また、オリオンビール社初のプレミアムクラフトビール「75BEER」(ナゴビール)の空き瓶で作った約2メートルのクリスマスツリーも展示する。同連合会の上地安郎会長=写真中央、実行委員の村田和之さんと宜保美則さんが4日、沖縄タイムス北部支社を訪れ「ファミリーで楽しめる。通りもライトアップするのでクリスマスムードの中で楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。

 問い合わせは村田さん、電話080(2737)2806。

「冬の街フェス」 名護市営市場で21日

 【名護】市営市場周辺の飲食店計6店を行き来しながらアーティストのステージが楽しめる「冬の街フェス・カリークリスマス 名護ライブサーキット」(主催・同実行委員会)が21日に開かれる。前売り千円(当日500円増)のチケットで、全店のライブチャージが無料。時間は午後8時~午前0時。

 参加店舗は「居酒屋ぽこぽん(ピアノ)」「カフェ オキナワ(島ジャズ)」「島唄ライブかなさ(民謡)」「カラオケカフェおんぷ(フォーク)」「バー ジャミン(レゲエ)」「ベース・キャンプ(ディスコ)」。企画した実行委員長の山川敬さんとダンサーのSHOさんがイベントをPR。山川さんは「各店舗が手を取り合い、名護の魅力を体験できる企画」と話した。

 問い合わせは山川さん、電話090(1948)1522。

開所33年で初の発表会 島袋功古典音楽研究所が22日

 【名護】第1回島袋功古典音楽研究所発表会「地謡の歓び」(主催・同実行委員会)が22日、市民会館大ホールで開催される。午後2時開演。前売り2千円(当日500円増し)。開所33年を迎える同研究所による初の発表会で、会員のほか、県立芸術大学の学生、宇茂佐区の地謡養成者ら総勢166人が出演。大宜味村饒波区青年会が踊り手を務める「鶴亀」など計11演目を披露する。会員最高齢で92歳の宮城源文さんによる独唱もある。

 琉球古典音楽野村流音楽協会の島袋功師範は「地謡の喜びを表現していきたい」と話した。問い合わせは実行委員会(外間)、電話090(4511)4199。

20日からはNagoさくら工芸展

 【名護】Nagoさくら工芸展が20~22日、市大中の津嘉山酒造所で開催される。入場無料。

 本島北部で活動する陶芸、木工、藍染め、とんぼ玉、クリスタルフラワーなど九つの工房の作品が展示販売される。主催する市文化協会工芸部会の末吉園江さんは「歴史と伝統が詰まった酒造所で、さまざまな工芸作品を見て触れてほしい」と話した。

 問い合わせは末吉さん、電話090(4470)2624。