【沖縄】第5回わんこそば全日本大会沖縄コザ場所(主催・市商店街を元気にする会)が14日、沖縄市一番街商店街で開かれた。本大会と同じ5分で何杯食べられるかを競う一般の部(中学生以上)は、那覇市の公務員高橋信哉さん(46)が159杯で3連覇を果たした。来年2月に岩手県花巻市で開かれる全日本大会に招待される。

小学生の部で、序盤からハイペースで次々と平らげ、優勝した照喜名幸雅さん(左端)ら=14日、沖縄市・一番街商店街

 制限時間2分の小学生の部は、那覇市立若狭小5年の照喜名幸雅(こうが)さん(10)が59杯を食べて初優勝した。照喜名さんは少年柔道教室に通う育ち盛り。「わんこそばは初めてだったけど、おいしかった。制限時間が5分だったら100杯はいけた」と余裕の表情を見せていた。

 小学生の部に30人、一般には60人が挑戦した。