写真家の故比嘉康雄さんと故上井幸子さんが1970年代から80年代に八重山各地で撮影した写真約200点が23日まで、宜野湾市の佐喜眞美術館で展示されている。入場無料。

「ときがみつめる八重山の祭祀写真」展の展示風景=18日、宜野湾市・佐喜眞美術館

 「ときがみつめる八重山の祭祀(さいし)写真」と題された写真展。上井さんの作品は初公開、比嘉さんの未発表作も展示されている。

 同館の佐喜眞道夫館長は「復帰後の沖縄の変化は大きいが文化の基層、精神の底に何があるのかが分かる展覧会だ」と話した。21日にはシンポジウムも開催される。