桜坂劇場でアニメの映画を上映すると、集客が難しい。「アニメ」というだけで、見てもらえないことが多い。その歴史を塗り替えたのが「エヴァンゲリヲン」と「この世界の片隅に」。