沖縄県議会(新里米吉議長)は20日の本会議で、金武町伊芸区の民間地域に米軍の照明弾3発が落下した事故に対する抗議決議と意見書両案を全会一致で可決した。隣接する米軍キャンプ・ハンセン周辺で山林火災が頻発する状況を踏まえ、住宅地付近での訓練の恒久的な中止を求めている。