菅義偉官房長官が21日沖縄県を訪問し、火災で焼失した首里城再建に政府として全力で取り組む考えを改めて示した。一方、来年6月実施予定の県議選に高い関心を寄せ、自民党の立候補予定者を激励するなど政務にも奔走した。候補予定者は「心強い」と歓迎し、県政与党からは「政府挙げて県政与野党逆転を狙う姿勢の表れだ」と警戒の声が上がる。(政経部・大野亨恭、東京報道部・又吉俊充)

懇談後に菅義偉官房長官(右)と握手する自民党県連の中川京貴会長(左手前)と見守る島袋大幹事長(左手前から2人目)ら自民党県議団=21日午後、那覇市・ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城

 「ぜひ頑張って県連の足腰を強くしてほしい」。菅氏は首里城視察後、那覇市内のホテルで沖縄そばを食しながら、自民県連幹部を激励した。

 菅氏の念頭にあるのは、3年後の知事選だ。

 名護市辺野古で新基地建設を進める安倍政権は、2014年に建設反対を掲げる翁長雄志氏が知事に就任して以降、鋭く対立してきた。

 その後も「オール沖縄」勢力は勢いを増し、知事選と国政選挙の選挙区での結果は1勝12敗と自民完敗の状態が続いている。県連関係者からは「辺野古問題が争点の間は全県選挙で勝てる要素が見当たらない」と嘆き節も聞こえる。

 そんな中、自民県連の悲願である県政奪還に向けた反転攻勢の「分水嶺(れい)」が来年の県議選だ。

 この日、市内のホテルには公認19人、推薦1人の20人全員が顔をそろえ菅氏と写真を撮った。県連関係者は「首里城は大事な公務だが、県議選の情勢を探るのも重要な政務。菅氏自ら肌感覚で現状を知りたかったのだろう」と推察する。

 政府関係者によると、菅氏は県議選に向けた県内の状況を確認するため、首里城焼失以前から来県を検討していたという。来年3月の那覇空港第2滑走路の運用開始式典への参加も検討しているといい、候補予定者の一人は「菅氏の支援は非常に心強い」と歓迎する。

 一方、菅氏の動きに県政与党は警戒を強める。幹部の一人は「与野党逆転は現実的だ。知事の危機感も感じられない」と語る。

 ただ、過去の選挙では政府や自民党本部の露骨なてこ入れが逆効果になり、県連が辛酸をなめたケースもあった。政府関係者は「首里城再建で県民に寄り添う姿勢を示しても県民がどう反応するかは分からない。それほど、沖縄は複雑だ」とこぼした。

 県連幹部もこう語った。「一地方選挙に東京からは手を突っ込めない。地元が頑張るしかない」