かいぎんミュージックサークル(大山正人会長)は21日、那覇市内で第7回チャリティーライブを開き、チケットの売り上げ全額15万円を沖縄の医療的ケアが必要な子どもの親の会「らいおんはぁ~と」(湯地三代子代表)に寄付した。

チャリティーライブの売り上げ全額を寄付する大山正人会長(前列右)=21日、那覇市松山のライブハウス

 沖縄海邦銀行の音楽好きが集うサークルで、毎年クリスマスの時期に合わせて開催。同会への寄付は昨年に続いて2度目で、子どもたちへのクリスマスプレゼント購入代に充てられる。

 大山会長から寄付金を受け取った同会の大城智子さん(42)は「このように私たちを思ってくれる方がいるだけで、一人じゃないって頑張れる。本当にうれしい」と笑顔。大山会長は「微力ではあるが、医療的ケアの必要な子どもたちや親のバックアップをしていきたい。少しでも喜んでいただければ」と話した。