第一交通産業グループの那覇バス・琉球バス交通は23日、来年1月20日からバスダイヤを改正し、一部路線で増便すると発表した。両社は運転手不足に伴い減便していたが、乗務員採用が改善傾向に向かっていることなどを理由に運行本数の増便を決めた。

(資料写真)バスとモノレールが行き交う沖縄県庁前駅周辺=那覇市久茂地

 増便する路線は90番(知花線)が3便増の41便、21番(新都心具志川線)は7便増の24便、24番(那覇大謝名線)が7便増の22便、110番(長田具志川線)が3便増の19便となる。

 増便に伴い、具志川発の最終便は90番が午後9時15分、21番が同8時40分、110番が同9時5分へ変更となる。24番の最終便は変更なし。

 県内大手バス会社では、大型2種免許の取得を支援。取得費用の貸与や、取得後の報奨金制度などを打ち出し、運転手確保につなげる取り組みを進めている。