朝日を撮って5千日―。沖縄県南城市の仲本勝男さん(80)が25日、2006年から1日も欠かさなかった日の出撮影の節目を迎える。偶然にもこの日はクリスマス。「お日様から毎日、光の恵みをもらっている。力が沸く最高のプレゼント」と語り、長年積み重ねた日課の大きな節目に、満面の笑みを浮かべる。(南部報道部・松田興平)

2006年から途切れなく朝日を撮り続けている仲本勝男さん=12月18日午前7時ごろ、南城市知念

仲本勝男さんが撮り続けてきた朝日の写真と時期ごとにまとめたファイル

2006年から途切れなく朝日を撮り続けている仲本勝男さん=12月18日午前7時ごろ、南城市知念 仲本勝男さんが撮り続けてきた朝日の写真と時期ごとにまとめたファイル

 カメラを始めたのは06年1月ごろ。ブログを始めたことがきっかけだった。

 「最初はテレビで見るような、アフリカの大地の地平線や広大な水平線に浮かぶ大きな太陽が撮れると思っていた」。だが、何度早起きしても雲がかかっている日が多く、澄み渡る水平線から顔を出す朝日にはなかなか出会えない。

 その後、海沿いに住む市内の友人から「私たちでも海からきれいに昇ってくる太陽を見るのは年に数回」と聞き、奮い立った。

 「これは毎日撮らないと出会えない」。同年4月17日から連日、撮影と記録を始めた。撮影場所は自身の会社敷地内や地元の海岸。

 「続けることが一番大事」と考え、台風の日でも室内から荒れる空を見て、太陽の位置を予想して撮った。出張の際も朝日がのぞめる宿を選んだ。

 今では思い描いていた日の出を何度も撮った。撮れない日がある分、撮れた日の喜びは大きいという。

 約14年たって「カメラは全然上達していない」と謙そんするが、朝日とともに鳥や花木のシルエットを撮るなど構図のパターンは増えている。

 「何か絡めると評判はいいけど、僕にとって太陽が主役。天気が良ければ太陽だけひたすら1千枚ぐらい撮る」と初心を忘れない。

 毎日朝4時ごろ起きて朝食を済ませて日の出時間に合わせて出かける。

 「継続は力なり、という言葉は本当かどうか分からない。ただ、私にとって一つの自信になっていることは確か。生きている限り撮るよ」。朝日のお出迎えはまだまだ続く。