県内のほとんどの公立小中学校で25日、2学期の終業式などがあった。3学期制の学校では終業式が開かれ、2学期制の学校では2学期前半が終わった。

「大みそかやお正月でしたいことは何かな?」。先生の問い掛けに元気よく手を上げる小禄南小1年の子どもたち=25日午前、那覇市の同校

 2学期制の那覇市立小禄南小学校(児童751人)では、朝のお話朝会で新城貴子校長が「冬休みは交通安全や不審者に気を付けて、早寝早起きして元気に過ごしてください。新年を迎えて新しい年ならではのことをいっぱい体験して」と呼び掛けた。

 1年4組では、児童が2学期前半を振り返り、感想や新年の目標を発表した。比嘉莉菜さん(7)は「馬跳びができるようになった。来年は算数がもっとできるようになりたい」と笑顔だった。上田隼士さん(7)は「夏休みに野球してホームランを1本打った。来年は場外ホームランを打ちたい」と話した。