2019年に沖縄を訪れるクルーズ船の寄港回数が前年比53回増の581回となる見込みで、過去最高を更新することが25日、分かった。東アジアのクルーズツアー需要が堅調に伸びていることや、欧米系のクルーズ船の寄港回数が増加したことなどが要因とみられる。