「遠い昔、はるか彼方の銀河系で」。名文句で始まる壮大な9部作の完結編。ヒロインのレイはダークサイドに惑わされず、正義を貫き通せるのか。悪に身を委ねるカイロ・レンの身の振りはいかに…。最終作が全てを解き明かしてくれる。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

 1977年の第1作から足掛け40年余、エンターテインメントのみならず、人間愛から哲学的要素までたっぷり詰まった一大叙事詩は、上映の各時代で大きな話題を呼んできた。

 これまで全作を鑑賞してきた方には、過去の作品がよみがえり思わず熱くなるだろう。ふらりと登場する懐かしい顔ぶれに、胸を躍らせること請け合い。

 「善と悪」をテーマに鑑賞するのもよし。今回スター・ウォーズが初めてという方は、過去の作品をたどるきっかけにもなる。新作だけれども、どこか懐かしい。そして、本当に終わってしまうのか。(学芸部・天久仁)

 ◇シネマQ、ライカム、ミハマ、サザンで上映中