私の大好きな映画は「ゴッドファーザー」。アメリカで生き抜くため、イタリア人同士で徒党を組み「ファミリー」の絆を重んじる姿に、戦後の沖縄で支え合い生きてきた伊良部島出身者たちの絆を連想し、熱くなる。

アイリッシュマン・スクリーンガイド

 体内を流れる伊良部の血が、スクリーンの中のアル・パチーノと重なる。名字だけで「息子の彼女にはできない」なんて言われたこともあった。この血を恨んだ日もあったけど、あたしゃゴッドファーザーの家の者。伊良部の血を汚すわけにはいかない。南部の男なんてこっちから願い下げよ!と言った覚えはないのに独身…。

 「アイリッシュマン」は、イタリアンマフィアの手下として命をささげながら、ファミリーにはなれないアイルランド系アメリカ人の物語。とにかく、ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが出てるだけで見る価値がある。(桜坂劇場・下地久美子)

 ◇同劇場で公開中