沖縄県が発表した2019年度上期(4~9月期)の観光産業実態調査によると、調査した観光関連事業者の10~12月期の業況判断指数(DI)の見通しはマイナス16・8と大幅に下降する見方を示した。