10月に台風19号により中止になった全国障害者スポーツ大会で、開催地・茨城県に帯同した沖縄県選手団スタッフが飲酒や外出を長時間した問題を巡り、事務局のNPO法人県障がい者スポーツ協会は26日、県障害福祉課に「重大な不適正行動があった」などと結論付ける調査報告書を提出した。