酒気を帯びた状態で車を運転し、道路横断中の男性をはねてけがさせたとして、豊見城署は26日、琉球新報社社員(54)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で現行犯逮捕した。呼気から基準値約3倍のアルコールが検知された。