「ほんとうは きおくからけしておきたいきおく」。「うごきたくてもこわくてうごけなくて、いまでもおぼえてる。あのときのかんかく」―。