https://agurobaisen.airdt.app/  

あぐろ焙煎珈琲店

あぐろ焙煎珈琲店

あぐろ焙煎珈琲店 あぐろ焙煎珈琲店

 「長男がコーヒー屋やるぞって言い出したんです」。那覇市久米のあぐろ焙煎珈琲店の赤嶺和哉さんはにこやかに応えた。

 同店は2008年に赤嶺さんたち兄弟3人で開業。「何杯でも飲めるコーヒー」をコンセプトに自家焙煎し、ネルドリップで丁寧に入れたコーヒーは、のどごしが柔らかく、口当たりもすっきりしている。

 すぐに人気を集め、お店が手狭になったため、長男の和博さんは八重瀬町にAGURO ROAST COFFEE(アグロローストコーヒー)、次男の和史さんは豊見城市にMaitoparta(マイトパルタ)とそれぞれコーヒー店を開いた。赤嶺さんは「男3兄弟でコーヒー屋やってるって、珍しがって訪ねてくるお客さんもいます」と笑顔。3店舗を巡る観光客も多いという。

 あぐろ焙煎珈琲店の一番のお勧めは本日のホットコーヒー。豆の量を多めに使い、あえて濃く入れて、後からお湯で割る。そうすることで、柔らかい口当たりと味の深みを楽しめるという。アイスコーヒーは濃いめに入れた後、氷を入れて急速に冷やす。さらに1日かけて冷蔵庫で寝かせ、まろやかな味わいに仕上げる。

 店名の由来は、コーヒーの原木「アグロコフィア」。世界的に流通している原種とは異なり、食用には適していないという。「“あ"から始める店名にしたかった」と赤嶺さん。「そうしたら電話帳の一番上に載るでしょう」と笑った。