https://tairon.dikitoon.com/  直径70センチもある大鍋の木蓋を料理人が持ち上げると、もあっと湯気が立ちのぼり、蒸し上がったばかりの小籠包の香りが立ちこめた。料理人が小気味よいリズムで手際よく盛り付け、できたての料理が、あっという間にテーブルに並ぶ。