ブラックバイトの事例などを紹介する報告会(主催・ブラックバイトユニオン)が24日、那覇市内で開かれた。県内のタピオカドリンク店でアルバイトをしていた男子大学生が、レジの不足金の穴埋めをさせられた経験などを説明し、「困っている人は他にもたくさんいるはず。皆が声を上げるきっかけになれば」と語った。

自身の経験を話す男子大学生=24日、那覇市内

 学生がバイトを始めたのは今年9月。店では、レジ内のお金がその日の売り上げより少なかった場合、従業員が差額を自腹で穴埋めすることになっており、それが契約書にも記載されていた。

 また、労働基準法で1分単位の支払いが定められている賃金が15分単位で計算されていたため、未払い賃金が発生していた。

 学生は大学の講義で知ったユニオンに相談し、店舗を運営する会社と書面でやりとりした。結果、穴埋めした金額と未払い賃金の支払いを受け、会社から謝罪もされたという。

 ユニオンの相談窓口は、電話03(6804)7245、メールinfo@blackarbeit‐union.com