沖縄タイムス+プラス プレミアム

【深掘り】中国、尖閣での公船航行が過去最多 対日関係改善と領有主張を分離 海警局は「第2海軍」指揮徹底

2019年12月30日 15:00

 中国の習近平指導部は今年、沖縄県・尖閣諸島周辺に送り込む公船の数を大幅に増やした。尖閣を「固有の領土」と主張、一歩も譲らない姿勢を改めて鮮明にした。習国家主席は来春に国賓待遇で訪日する予定で、日中両政府は関係改善を進める。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気