米環境保護庁(EPA)は、人体に有害な影響が指摘されている有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)による地下水汚染の浄化のため、再調査が必要となる新たな判断基準を策定したことが29日までに分かった。