首里城 象徴になるまで

“象徴”になる過程を描く 連載「首里城 象徴になるまで」に当たって

2020年1月1日 10:00

 首里城は何の象徴なのか。琉球王国文化の粋、復帰後に沖縄の文化がヤマトに認められる中で取り戻した誇り…。取材先で聞いた答えに、うなずく。同時に、別の側面を持つことにも改めて気付かされる。

首里城 象徴になるまで

 城下町・首里汀良町に生まれ育った高良正次さん(88)は真珠湾攻撃の1941年12月、首里第三国民学校で10歳の同級生らと沖縄神社拝殿だった正殿で戦勝を祈願した。「王様のいた城こそ誇り。が、時代時代で意味は変わる」と話す。

 南風原文化センターの元館長、大城和喜さん(70)の地元・南風原町では、琉球王国時代、首里に近いがために王府役人の家で働くなどの恩恵を受けた。一方で不作の年、綱引き用に例年の数倍ものわらの供出を強いられるなどの苦痛も味わった。

 大城さんは「華やかな首里城は近くて遠い存在。苦労して税を納め、支えた祖先がいたことを考えたい」と首里城公園が開園した92年、展覧会「南風原の風 首里城をマンガタミした(背負った)農民たち」を企画した。

 連載「首里城 象徴になるまで」は、生きた時代も土地も異なる人々の心にどのように象徴のイメージが育っていったかを点描することで、焼失からよみがえろうとしている朱色の御城(うぐしく)に何が望まれているのかを浮き立たせる試みだ。「再建元年」に考える契機としたい。(首里城取材班・城間有、堀川幸太郎)

 
次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
特設ページ「お店の味をおうちで楽しもう!テイクアウト&デリバリー」の登録店と人気メニュー、店主らの思いを紹介します。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ