沖縄タイムス+プラス プレミアム

「こんな時だからこそ…」首里城の伝統を支える集落 城の営みに家族の歴史

2020年1月1日 14:34

■首里城 象徴になるまで(1) 「国が建てただけなら、城はハコモノにすぎない。器を満たす人々の営みがなければ、沖縄の姿は映せない」。首里城復元期成会(2009年解散)で最後の事務局長だった山城岩夫さん(66)は言い切る。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気