2020年の県経済は拡大基調が見込まれるが、一服感もくすぶる年となりそうだ。  好調に推移した19年は後半、日韓関係の悪化による観光客の減少や消費増税に伴う駆け込み需要の反動減など、観光業や消費関連で落ち込んだ。こうした動きに改善の兆しはみられない。