【西表島=竹富】竹富町の島々で2、3の両日、一足早く成人式が行われた。九つの有人島からなる町では毎年、新成人が参加しやすいよう正月帰省に合わせて各島で開かれている。華やかな振り袖やスーツに身を包んだ新成人は生まれ育った島に感謝し、社会人としての誓いを新たにした。

生まれ育った島や地域の方々に感謝し、社会人としての誓いを新たにした新成人=3日、竹富町南風見の町離島振興総合センター

 西表島東部では3日、大原や古見など5公民館合同で開かれ、男子5人、女子6人の新成人計11人が参加した。西大舛高旬町長や小中学校時代の担任ら約150人が祝福に駆け付け、激励の言葉や多彩な余興で場を盛り上げた。

 那覇市の専門学校に通う相田真奈美さんが新成人を代表してあいさつし「これからは自分の行動に責任を持ち、社会の一員として常に向上心を持って前進します」と決意を述べた。

 西大舛町長は「社会の発展や他人の幸せにも貢献できる人になってほしい」とエールを送った。