名護市辺野古の新基地建設で、大浦湾側の軟弱地盤は最大で深さ水面下90メートル(水深30メートル、地盤60メートル)に達している。政府は地盤改良の方法として、7万1千本の砂杭や植物由来の板を軟弱地盤に打ち込む工法を検討。