沖縄タイムス+プラス プレミアム

国内初 改良型対空誘導弾に切り替え 防衛省が沖縄3分屯地で 2022年度完了の方針

2020年1月7日 14:00

 【東京】防衛省は6日までに、陸上自衛隊第15高射特科連隊にかかる南城市知念、うるま市勝連、沖縄市白川の3分屯地に、03式中距離地対空誘導弾発射装置(中SAM)の改良型を配備することを決めた。同型の配備は国内で初。同省によると、早ければ次年度から配備を始め、2022年度までに完了する方針。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気