【名護】通称「ガジュマル通り」に、ボランティアらが美化活動の一環として植えたテッポウユリが抜かれたり、車両によってなぎ倒されたりする被害が相次いでいる。 ボランティアの東江司代表によると、昨年11月下旬にテッポウユリの苗を130本植えたが、2週間後には10本が抜かれていた。