琉球舞踊の美能留流が2019年12月に創流した。故宮城美能留を流祖・初代家元に、技法や表現、芸道の心得や目的を継承する。 相談役に宮城早苗、二代目家元に宮城園美、三代目に宮城愛惟叶がそれぞれ就き、美能留流魂心会として20年に会の活動を本格化する。