玉城デニー知事は6日の県職員向け年頭あいさつで、火災で正殿などが焼失した首里城について「国や那覇市など関係機関と連携し、一日も早い復旧復興に挑み続ける」と決意を示した。また「辺野古新基地建設の断念を政府に強く求めていく」とし、係争中の裁判で「県の主張が認められるよう全力を尽くす」と決意を新たにした。