下地幹郎衆院議員は自民党を皮切りに国民新党、維新の党、現在の日本維新の会などに所属し、政界を渡り歩いてきた。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの県内誘致や、米軍普天間飛行場所属機の馬毛島(鹿児島県)への訓練移転など、幅広い分野で独自の政策提案が目立ち、議論を呼んだこともある。