沖縄タイムス紙面掲載記事

[解説]苦しい主張 残る疑問/政治資金 野党で最多/献金の取り扱いに緩さ

2020年1月7日 05:00

 日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、下地幹郎衆院議員(維新)が贈賄の疑いが持たれている中国企業側からの現金受領を認めた。収支報告書への未記載は明確な政治資金規正法違反に当たる。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気