カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、中国企業「500ドットコム」側から現金100万円の受領を認めた日本維新の会の下地幹郎衆院議員(58)=比例九州=は7日、離党届を提出した。後援会の会合で支持者らに説明した。

記者会見で100万円受領の経緯を説明する下地幹郎氏=6日午後、那覇市おもろまちの後援会事務所