社説

社説 [米イラン緊張激化] 両国は最大限の自制を

2020年1月8日 07:54

 米国とイランの関係が一触即発の状態に陥っている。戦争は絶対に避けなければならない。両国が互いに自制することを強く求める。

 米軍がイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」を率いるソレイマニ司令官をイラクの首都バグダッドで空爆により殺害したことがきっかけだ。

 トランプ大統領が指示した。「多くの米国民の殺害を計画していた」「戦争を防ぐための自衛だった」と司令官殺害を正当化した。

 しかし具体的な計画を明らかにしない。殺害現場となったイラクも「主権の侵害だ」と強く反発している。他国の領土において実行した司令官殺害を正当化できるのか。はなはだ疑問である。

 コッズ部隊はイランの対外工作を取り仕切り、司令官は反米保守強硬派の代表格といわれる。イスラム体制を支持する国民の間では英雄視されている人物である。それだけにイランの反発は大きい。

 最高指導者ハメネイ師は「血で手を汚した犯罪者は重大な報復を受けるだろう」と、米国へ警告した。

 米国は中東に米兵約3千人を増派する方針という。イランは「軍事行動には軍事行動で対処する」と威嚇する。

 トランプ大統領はイランが米国民や米関連施設を攻撃してきた場合、「米国は即座に反撃する。恐らく不釣り合いなやり方になる」と脅す。

 日本をはじめ国際社会は連携して軍事衝突を避けるよう、米国とイラン、とりわけ予測不能なトランプ大統領を説得しなければならない。

■    ■

 米国とイランの今回の対立は、2018年5月、トランプ大統領がイラン核合意から一方的に脱退したことが始まりである。危機はトランプ大統領がつくったものだ。

 司令官殺害でイランは核合意を破り、無制限にウラン濃縮を進めるとの声明を出した。濃縮度を20%まで高めると、技術的には核兵器級の90%の高濃縮ウラン製造が容易になる。核合意は崩壊の瀬戸際に立たされている。

 中東情勢が不安定化する兆しもある。イラク連邦議会は駐留米軍などの撤退を求める決議を採択した。イラクが実際に米軍撤退を要請すれば「巨大な制裁を科す」とトランプ大統領は圧力をかける。

 一連の強硬姿勢には、再選を目指す今年11月の大統領選がある。ウクライナ疑惑を巡り昨年12月、米下院本会議で弾劾訴追の決議が採択されており、国民の関心をそらす狙いもありそうだ。

■    ■

 日本政府は昨年12月末、海上自衛隊の中東派遣を閣議決定した。国会審議もないまま、防衛省設置法の「調査・研究」による派遣である。

 不測の事態が起きた場合にどう対処するかはっきりしないことが多い。巻き込まれる危険性が高いのである。イランを巡る中東情勢は急変した。政府は海上自衛隊の派遣を取りやめるべきである。

 安倍晋三首相は記者会見で派遣方針を変更しない考えを示し、「全ての関係者に外交努力を尽くすことを求める」と語った。ならばトランプ大統領に緊張緩和に向けて強く働き掛けるべきである。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?