沖縄タイムス+プラス ニュース

ヘイト、デマを根絶するには…「国家の暴力」増補版を刊行 百田氏講演も加筆

2020年1月8日 17:00

 沖縄タイムス編集委員の阿部岳記者(45)が7日、著書「ルポ沖縄 国家の暴力」の増補版を朝日文庫(朝日新聞出版)から刊行した。高江ヘリパッド建設を追った2017年の単行本に、作家百田尚樹氏の沖縄講演会の模様などを加筆した。定価814円(税込み)。

沖縄タイムス・阿部岳記者の著書「国家の暴力」増補版

 百田氏は17~18年の県内での講演で、米軍基地の成り立ちに関するデマや、韓国人、中国人へのヘイトスピーチを繰り返した。阿部記者には「阿部さんの娘さんは中国人の慰み者になります」などと中傷を続けた。

 阿部記者は文庫版で当日聞き役に徹したことを「間違っていた」と振り返った。ヘイトやデマに傷つく人がいる以上、「意図を尋ね、言質を引き出すだけでなく、反論すべきではないか」「取材モードと執筆モードを都合よく切り替えていて、ヘイトやデマを根絶できるか」と考えるに至ったと記した。

 このほか、産経新聞の沖縄2紙に関する誤報、高江のヘリ不時着炎上事故についても加筆した。

 
ルポ沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実 (朝日文庫)
阿部 岳
朝日新聞出版 (2020-01-07)
売り上げランキング: 9,780

SNSから見える沖縄幻想のメディア

高文研
売り上げランキング:38,832
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気