沖縄県うるま市の農場で飼育されている豚から豚コレラウイルスが検出された問題で、同県の玉城デニー知事は8日午前の県特定家畜伝染病防疫対策本部会議で、隣接する他の農場でも検査をしていることを明らかにした。 最初に見つかった農場では同日午前から飼養豚を殺処分する防疫措置の準備が始まった。