沖縄県うるま市の農場で飼育されている豚に豚コレラ(CSF)ウイルスが検出された問題で、県農林水産部は8日午前、県庁で会見し、沖縄固有種の「アグー」を含む1746頭を殺処分することを明らかにした。一例目の発生農場に隣接する別の農家の豚を県が調べたところ、「陽性」反応が出た。