沖縄総合事務局は8日、うるま市での豚コレラ(CSF)発生を受けて、被害を受けた養豚農家などを対象に経営の維持・継続に向けた支援をするよう、県内の各金融機関に文書で要請した。 沖総局は豚コレラの被害を受け、養豚農家と関係する個人・中小企業の経営への影響拡大を懸念。